スライド背景

ブログ

BLOG

新型コロナウイルスワクチン接種 2回目

こんにちは、大垣 ひまわり歯科の太田です。

先日、医療従事者として新型コロナワクチンを2回目接種しました。

2回目の接種の方が副反応が大きく出ると聞いていましたので心配していました。

実際は、僕自身は大きな症状はなく1回目の接種の反応と大きく変わりはなかったです。

症状は、個人差が大きくスタッフの中には、38度を越える発熱、倦怠感、節々の痛みなどの副反応や37度の微熱が出る反応もありました。

接種当日、夜になるにつれて接種部位の痛みが出てきました。
筋肉痛の様な痛みです。
不意に動かしたり、触ると痛みが出ます。
寝返りを打つのが難しい状態です。
2日目が痛みのピークでした。
後は、徐々に治まっていき4日後には無くなりました。

副反応は、個人差があるため一概には言えませんが参考になればと思います。

大垣 ひまわり歯科のスタッフも順次ワクチンを接種しています。

今後もスタッフ一同感染予防を徹底していきます。

大垣 ひまわり歯科 歯科医師 太田 大樹

キッズルーム,コロナウイルス,ワクチン,予防歯科,大垣歯医者,小児歯科,新型コロナウイルス,託児