スライド背景

ブログ

BLOG

#虫歯

2021.09.08

日々のできごと

歯医者さんがおすすめする歯磨き剤って?

こんにちは🌻 大垣ひまわり歯科 歯科衛生士です🦷 皆さんは、普段どんな歯磨き剤を使用していますか? 最近では、薬局でも歯科関連のものを置いているスペースが大きくなり、歯磨き剤に関わらず、歯ブラシや糸ようじ、歯間ブラシなど、様々なメーカーから商品が出ています。 スペースの前に立ったとき、どれがいいのかな?と迷ったこともあるのではないでしょうか? 今回は、当院で取り扱っている歯磨き剤についてお話しさせて頂きます🪥 当院には、7種類(内3種類は小児用)の歯磨き剤がございます。 今回は、その中から3種類の歯磨き剤についてまとめましたので、紹介させて頂きます✨ (下記画像参照) 歯磨きを頑張っているのに虫歯ができやすい。 口臭が気になる。 知覚過敏がある。 根面に虫歯ができやすい。 などなど、お悩みはさまざま。 当院では、患者さんひとりひとりのお口の中に適した歯磨き剤をご案内させて頂きます。 ホワイトニングに特化した歯磨き剤もございますので、そちらについてもまたお知らせしますね♪ 大垣 ひまわり歯科  歯科衛生士

キッズルーム,予防歯科,大垣歯医者,小児歯科,歯ブラシ,歯磨き,歯磨き剤,虫歯,託児

2021.09.01

日々のできごと

赤ちゃんに口臭?

こんにちは、大垣 ひまわり歯科の太田です。 赤ちゃんに顔を近づけると今までは、無臭だった寝息。 いつの間にか「あれ?臭いがする」と言う経験は、ありませんか? 僕も最初は驚きました。 口臭が始まったのかなと思いお口の中をチェックしました。 でも実際は、今までは歯がなくミルク中心の食生活、そこから歯が生え離乳食が始まり、だんだん大人に近い食生活が始まります。 お口の中の環境や食生活の変化によって臭いが出てきています。 ある程度生理的なものなので基本は心配ないです。 ただ、歯が生えている以上、虫歯のリスクは常にある状態、大人のようには難しいですが優しくブラシをしてあげましょう。 赤ちゃんのお口の中は、初めは菌がいない状態でスタートします。 そこに歯が生え始めると虫歯菌が生息する場所が出来ます。 多くは、3歳までに感染し定着すると言われています。 その虫歯菌は、周りの大人や兄弟からやってきます。 子育てに協力されている方のお口の中を綺麗にすることも赤ちゃんの虫歯予防に繋がります。 一緒にお口の中の環境を整えて家族で虫歯予防しましょう。 大垣 ひまわり歯科 歯科医師 太田 大樹

キッズルーム,予防歯科,口腔ケア,大垣歯医者,子育て,小児歯科,歯ブラシ,虫歯,託児

2021.05.19

日々のできごと

歯の麻酔って痛いよね?

こんにちは、大垣 ひまわり歯科の太田です。 虫歯の治療をする上で必要な麻酔、苦手な方も多いのではないでしょうか。 ちなみに僕は、苦手です。 麻酔時の痛みを少しでも軽減できないかと思っています。 麻酔の痛みの種類は、大きく分けて①針を刺す痛みと②麻酔薬が体の中に入っていく痛みがあります。 大垣 ひまわり歯科では、少し工夫をして麻酔をおこなっています。 ①針を刺す時の痛み 麻酔を効かせるためには注射器を使います。 少しでも針を刺す時の痛みを軽減できるように表面麻酔を行います。 表面に塗る麻酔で時間と共にじんじんと痺れていきます。 加えて注射針も極細の針を使っています。 細ければ細いほど痛みは軽減されます。 ②麻酔薬の痛み 麻酔薬が体の中に入って行く時の痛みの原因は、温度と圧力です。 体は、温かいので冷たい麻酔薬を入れると温度差で痛みを感じます。 また緻密な組織の中に大量の液体が勢いよく入ると痛みが出ます。 これを軽減するために、麻酔薬を体温に近い温度に温め、電動の注射器を使いゆっくりと一定の速度で入れていきます。 そのため麻酔時は少し時間はかかります。 なるべく痛みが出ないように処置することを心掛けていますが、炎症症状が強い場合や痛みの感じやす方には、効果が薄いことがあります。 一度お気軽にご相談ください。 大垣 ひまわり歯科 歯科医師 太田 大樹

キッズルーム,予防歯科,大垣歯医者,小児歯科,虫歯,託児,麻酔