スライド背景

ブログ

BLOG

妊娠中のお口の中とセルフケア

こんにちは🌻
大垣 ひまわり歯科です🦷🪥
新年度になり、生活環境に変化があった方もいらっしゃるかと思います。
当院も、先月無事一周年を迎えました。
二年目も、皆様のお口の健康をサポートできるよう努めてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

今回は、妊娠中のセルフケアについてお話しさせていただきます。
まず、一般的な身体的な変化としては

初期→つわり、消化器トラブル
中期→貧血、逆流性食道炎、むくみ
後期→妊娠性高血圧症候群、早産・低体重児出産

などが挙げられます。
(症状の程度には個人差があります)

では、お口の中にはどんな影響があるでしょうか?
妊娠期には、女性ホルモンが増加することで、以下の影響を与えると言われています。

①歯周病菌の増加
②免疫力の低下
③毛細血管の拡張・増生(出血しやすくなる)
④ホルモンバランスの変化による唾液の分泌量の低下

実際に、妊娠性歯肉炎という病気があります。
症状自体は歯ぐきの腫れや出血といった、一般的な歯肉炎と変わりありませんが、放置していると、早産や低体重児出産のリスクがあると言われています。
また、食事の回数が増えたり、つわりが原因で歯磨きが困難になったりなど、お口の中の環境が悪化しやすく、虫歯や歯周疾患のリスクが高くなる時期と言えます。

では、どのように予防したら良いのでしょうか?
先ほどお伝えした通り、妊娠中はつわりなどが原因で、体調の変化が著しく、歯歯磨きも困難な時が多いです。

歯磨き時の対策としては、

・歯磨き剤の味、匂いが苦手!
  →好きな味、低刺激、低発泡のものを選ぶ。
   フッ素や殺菌作用など、有効成分含有のものだと尚よし◯

・歯ブラシを入れただけで気持ち悪くなってしまう!
  →歯ブラシのヘッドは薄く小さいものを選ぶ。
   体調が悪いときは、洗口液だけでも◯

などが挙げられます。
歯磨きを頑張ることは大切ですが、無理のない範囲で、できるときに行っていきましょう。
どうしてもご自身の力だけでは難しいと感じたら、一度当院にご相談ください!
妊娠中の歯科治療に関する不安などあれば、お気軽にお尋ねください。

大垣市に在住の方は、市が行っている妊婦検診を受けていただくことも可能です。

Webでもお電話でも、ご予約お待ちしております。

【予防歯科・ホワイトニング】
 大垣市・垂井町スグの歯医者
 大垣 ひまわり歯科
 歯科衛生士/吉岡

キッズルーム,大垣歯医者,妊婦検診