スライド背景

ブログ

BLOG

#大垣歯医者

2021.11.12

日々のできごと

仕上げ磨きを嫌がるお子様に・・・

こんにちは🌻 大垣ひまわり歯科 保育士です。 「歯磨きを嫌がる、仕上げ磨きをさせてくれない…」とお母さん方からお悩みをお聞きすることがあります。 特に0〜3歳頃のお子様は、歯磨きの大切さを十分に理解できていない上に、なんでも自分でやりたい気持ちが芽生えてきたり、イヤイヤ期というものもあり大人が思うようには歯磨きをさせてくれないことが多いと思います。 しかし、不十分な歯磨きが習慣化して虫歯になってしまえば、もっと大変な虫歯治療をしなければいけなくなってしまいます。 そうなる前にとお母さん側は、きれいに磨いてあげないと!と力が入ったり強張った表情になってしまいがちですよね。 できるだけお子様にとって、歯磨きって楽しい!と思ってもらえることを大切にしていけたらと思います。 そこで、歯磨きを嫌がるお子様対策をいくつかご紹介させて頂きます。 ◯歯磨きに関する歌やお子様が好きな歌をうたいながら磨いてみる。 ◯お母さん自身も一緒に歯を磨いてみる。 ◯歯磨きに関しての絵本を見てみる。(虫歯になる怖さより、歯を磨く楽しさが伝わるもの) ◯歯ブラシを一緒に買いに行き、自分のお気に入りの歯ブラシを使えるようにする。 ◯10カウントをしてその間に磨き上げる。 ◯手鏡を持ってもらい、自分の口の中を見てもらいながら磨く。 ◯甘く感じられるおいしい歯磨き粉を使ってみる。 ◯キシリトールタブレットなど歯磨き後に食べても良いおやつをご褒美として利用する。 ◯仕上げ磨きには、持ち手の長い歯ブラシを利用する。(お子様の顔のすぐそばにお母さんの手がこず、圧迫感を与えない) お子様によって効果的な策は違いますので、いろいろ試してみてくださいね。 成長に合わせて徐々に歯磨きの必要性を理解し、仕上げ磨きも落ち着いてできるようになったとお聞きすることもあります。 激しく抵抗する時は、しっかりと仕上げ磨きができない日があっても良いと思います。 お母さん自身が自分やお子様を追い詰めすぎないことも大切です。 嫌がって暴れてしまう時も力を抜いて優しく!楽しく!できたら褒める!をすることで楽しい歯磨き習慣が身についていくよう、気長に親子でがんばっていけるといいと思います。 また、家庭での歯磨きだけでは磨き残しが出てきてしまうこともあると思いますので、歯が生え始めた頃から定期的に歯医者さんに通うことで、お母さん方と歯医者さんで協力して子ども達の大事なお口の中を守っていけたらと思います。

キッズルーム,仕上げ磨き,大垣歯医者

2021.10.29

日々のできごと

指しゃぶりやおしゃぶりについて

こんにちは🌻 大垣 ひまわり歯科 保育士です。  指しゃぶりやおしゃぶりをいつまでにやめさせるべきなのかと悩んでみえるお母さん方も多いですよね。 赤ちゃんは、自分の指やおもちゃを口に入れることで感触を確かめたり乳首を吸うこと以外の口の使い方を学習していきます。 吸うこと以外の楽しさがあることを覚えていく大切な発達過程でもあります。 目安として… 2〜3歳頃までにやめさせてあげることが望ましいです。 離乳が完了する時期(12〜18ヶ月頃)には、食事においても吸うことから噛むことへの移行が始まりますよね。 それ以降も続くようであれば、歯並びへの影響や言葉の発達の妨げになると考えられています。 成長と共に自然にやめていくこともありますので、無理にやめさせる必要はないと思いますが、2〜3歳を目安に徐々に減らしていくことが親子共に負担が少ないと思います! 指しゃぶりやおしゃぶりを徐々に減らしていく方法として… ◯指先を使ったり体を動かしたりする遊びを通して、指しゃぶり以外のことに意識が向くようにする ◯離乳食やおやつが食べられるようになってきたら、食べることの楽しさを与えてあげる ◯指しゃぶりやおしゃぶりで入眠するのではなく、絵本を読み聞かせたり手を握るなどのスキンシップをとる ◯月齢によっては、指しゃぶりをしなかった日はカレンダーにシールを貼るなどの方法をとり、子ども自身が遊びの一つとして取り組む 指しゃぶりをする子ども達にもそれぞれ理由が考えられ、ただ楽しくて遊んでいるだけの子もいれば、退屈な時や眠気のサインとして出てくる子、ストレスや寂しさ、不安を感じ気持ちを落ち着かせようとしている子などもいます。 急にやめさせようと思うと、大人にとっても子どもにとってもストレスになってしまうので、少しずつ口の中に指やおしゃぶりが入っている時間を減らしていけるといいですね。

大垣歯医者,小児歯科,託児

2021.10.18

日々のできごと

補助的清掃用具をご存知ですか?

こんにちは🌻 大垣 ひまわり歯科 歯科衛生士です🦷 今日は、糸ようじ(デンタルフロス)についてお話しします♪ 皆さんは、歯磨きの後に、歯ブラシ以外の清掃用具を使用しますか? 毎食後に歯磨きをするだけでも大変なのに、それに加えて他の物も・・・? と、思われる方も、たくさんいらっしゃるかと思います。 実際に、私自身も歯科衛生士になるまでほとんど使用していませんでした。 しかし、歯ブラシだけで落とせる汚れ(プラーク)は、6割程度と言われています。 では、残りの4割は、どこに残っているのでしょうか。 その多くは、歯と歯の間と言われています。 毛先の細い歯ブラシを使用しても、歯と歯が隣り合っているところまで磨き切ることはできません。 汚れが残りやすいと言うことは、むし歯のリスクも高い場所と言えます。 実際にむし歯ができやすい場所として、 ・咬合面小窩裂溝(奥歯のかみ合わせ) ・歯頚部(歯と歯ぐきの境目) ・歯間隣接面(歯と歯の間) の、三箇所が挙げられています。 デンタルフロスは、歯と歯の間をきれいにするのに最適な清掃用具です。 当院では『 ruscello flos 』と言うデンタルフロスを販売しています。 おすすめの点を上の画像にまとめたので、ぜひ目を通してみてください♪ 別の補助的清掃用具については、またお知らせいたします。 使い方など、ご不明な点がございましたら、お気軽にお声掛けください♪

デンタルフロス,ルシェロ,大垣歯医者